Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

タイトルに魂を込めろ!言葉で人はサイトを見る!

word

もしもドロップシッピング(以下:DSと表記)で稼ぐ実践的方法第2回目「タイトルに魂を込めろ!言葉で人はサイトを見る!」です。要するに、HTMLの「タイトル」と「ディスクリプション」設定に関してプロの技を教えます。

さて、一体なんのことなんでしょうか?「タイトル」とは、HTMLの<title></title>に記載する文章のことです。「ディスクリプション」とは、HTMLの<description></description>に入れる文章についてです。

※ディスクリプションの日本語での意味は、「記述」。「説明」。また、「取扱説明書」って意味があります。

初心者の方は、わからない用語があったらメモって読み飛ばしてください。そして、最後までわからなかったら、e-Wordsで調べながらもう一度読み進めて、じっくりノウハウを吸収していってください。

タイトルとディスクリプション

WEBページにおいて「タイトル」「ディスクリプション」といったらなんなのか?ここでは、初心者のためにすこし詳しく解説します。副業学校のTOPページを例にとると、「副業学校 ‐ ネットでお金を稼ぐ」がタイトル。以下、HTMLを参照。

<title>副業学校 ‐ ネットでお金を稼ぐ</title>

「ネットでお金を稼ぐに…中略…上手く活用してお金を稼ぐプロの技を紹介しています。」がディスクリプションです。以下、HTMLを参照。

<meta name="description" content="ネットでお金を稼ぐには、様々な方法があります。副業学校では、アフィリエイトやドロップシッピング、情報商材を上手く活用してお金を稼ぐプロの技を紹介しています。" />

また、普段見慣れている検索エンジンの検索結果で表示される下記の部分が、WEBページの「タイトル」「ディスクリプション」を表しています。

タイトル図

まとめると、下記のようなところで使われます。

  • ブラウザのタブ名
  • お気に入り(ブックマーク)名
  • 「ツイート」や「いいね」された際に表示される名前
  • 検索エンジンの検索結果

このように、WEBページで設定した「タイトル」「ディスクリプション」は様々な場面で活用されることになります。

タイトルとディスクリプションはお店の看板

上記で見てきたとおり、WEBページの「タイトル」「ディスクリプション」は様々な場面で露出することになります。そのため、多くの方が目にすることになるので、WEBページを宣伝する上で大変重要な要素となっています。

例として、次のような看板があったとします。

看板見本

上記の看板の要素をWEBページで表現するならば、『激安ハンバーグレストラン「BARG RAND」』が「タイトル」。『お得なハンバーグセットがなんと300円、限定50食限定のサービス実施中。』ディスクリプションとなります。

看板は、お客様が、お店に行くかを判断する大きな決定要素となります。ですので、WEBページの「タイトル」「ディスクリプション」の文章は大変重要なものとなるのです。

SEO的観点から見た時の重要性

多くのWEBコンサルタントは、上記の「タイトル」の看板としての重要性よりも、SEO(検索エンジン最適化)を重視するかもしれません。S.S的には、まず看板的役割を満たすことが最重要なのですが、SEO※1としての「タイトル」設定もフォローしておきましょう。

※1 SEOとは、 検索エンジンの検索結果のページの表示順の上位に自らのWebサイトが表示されるように工夫すること。また、そのための技術やサービス。「サーチエンジン最適化」「検索エンジン最適化」とも訳される。
参照:e-Words

SEOとして重要とは?

SEOとして重要とは?どういうことなのでしょうか?

まずは下記をご覧ください。

検索結果画面

上の画像は、「ダイエット 食事」というキーワードで表示された検索結果です。

オレンジで囲まれた①の部分は、広告枠です。後々の記事で詳しく説明しますが、お金を払って表示されているWEBページだと認識しておいてください。

②の部分が、SEOによって上位に表示されているWEBページです。今回は、②の部分をもとにSEOの重要性を解説していきます。

では、②の部分を拡大した画像をもとに、実際に「タイトル」「ディスクリプション」のSEOとしての重要性を説明していきましょう。

②の拡大画像

ご覧の通り、それぞれのWEBページを紹介する「タイトル」「ディスクリプション」には、検索したキーワード「ダイエット」や「食事」が含まれていることがわかりますよね。これは一体なにを表しているのでしょうか?

検索エンジンは、検索キーワードを含んだタイトルを持つWEBページを、検索結果の上位に表示する一つの判定要素としていると言われています。よって、WEBページ管理者は、上位表示したいキーワードを、「タイトル」に含めることがSEOの定石となっています。

また、「タイトル」「ディスクリプション」に検索キーワードが含まれているとキーワードが太字で表示されるので、文章が目立ちお客様の目に止まる。結果として、訪問客が増えるというプラスの効果もあるのです。

このように、「タイトル」「ディスクリプション」は検索結果上位表示と、連動して起こる訪問客増加に大きく作用します。ですので、多くのWEBサイト管理者はこのタイトル文に頭を悩ませるのです。

SEOを意識したタイトルの設定方法

SEOを意識したタイトルの設定の際に意識することを記載します。

  1. キーワードはタイトル文のはじめの方にある方がいい
  2. 複合キーワード※1の場合は、キーワードは近接させた方がいい
  3. タイトルは32文字以内で設定しよう(できれば30文字以内)
  4. キーワード使用はタイトル上で一度のみ
  5. タイトルの文の区切りの注意

※1.複合キーワードとは、複数の単語を組み合わせて検索されるキーワードのことをいいます。例えば、「ダイエット 食事」や「ダイエット 食事 おいしい」のように2つ以上の単語で検索されるキーワードのことを「複合キーワード」と呼びます。一方、「ダイエット」というキーワードのように1つの単語で検索されるキーワードを「単独キーワード」と呼びます。

1.キーワードはタイトルのはじめの方にあるほどよい

次のような二つのタイトルを例にします。

  1. ダイエット食事|その方法を学ぶ
  2. おいしい食べ物だけでもできる|ダイエット食事

この場合は、SEO的には1の方が2よりもタイトルとしていいことになります。

2.複合キーワードの場合は、キーワードは近接させた方がいい

キーワードを近接させるとはどういうことでしょうか?

  1. ダイエット食事|その方法を学ぶ
  2. ダイエット中でもおいしい食事が食べられる方法

「ダイエット 食事」をキーワードとした時、1の方が「ダイエット」と「食事」というキーワードが近くにある(近接している)ことがわかるでしょう。検索エンジンの性能は日々進化しているので、未来永劫キーワードが近い方がいいとは言えませんが、現在は、タイトルのキーワード同士が近い方が、良いとされています。

3.タイトルは32文字以内で設定しよう

この理由は単純で、検索結果でタイトルの文章が約32文字を超えると「…」と表示されてしまい、32文字以降のタイトル文が表示されないためです。見た目もよくないですし、文章が長くなれば、文章に含まれるひとつひとつのキーワードのつながりが弱くなりやすいです。SEO的によくないですね。

4.キーワード使用はタイトル上で一度のみ

過去には、タイトルにキーワードを何回も含めることがSEOとして効果を発揮することもありました。しかし、現在はこのような効果はなく、むしろ重複してキーワードを使うことはSEOとしてマイナス要因になるといわれています。おそらく、このSEOの流れは、今後も続くと思われるので、タイトルでのキーワードの使用は一回のみにしましょう。

悪い例:ダイエット食事|たのしくダイエットする食事の方法

5.タイトルでの区切り文字の使い方

SEOを意識しながらタイトルを作成していると、一文ではうまくまとまらないことがあります。そんな時に「~」「|」「:」「‐」のような文字で文を区切ります。その時の区切り文字の使い方の注意点です。

  1. ダイエット食事~その方法を学ぶ
  2. 日本語の勉強|小学生からやること
  3. ハワイの気候 : 住みやすい都市はどこだ
  4. 金曜日の夜 ‐ ビール半額サービス

1の区切り「~」は、今回の場合は意味として問題ないと思いますが、使う際に注意が必要です。「~」は前の文とのつながりを持つと考えられるからです。

2の区切り「|」は、大変使いやすいもので上記の使い方で問題ないですし、特に注意もなく使用することができる便利な区切り文字です。

3・4の区切り「:」「-」の使用には少し注意が必要です。使用する場合には、「:」「-」の前後に半角スペースをいれなければなりません。入れない場合、検索エンジンは区切りを検知できず。文章を続けて認識してしまう。

以上、使い方を誤ると検索エンジンは、こちらの意図とは全く違う解釈をしてしまい、予定した結果が得られないので注意が必要です。ちなみに、S.Sは「-」で区切ることが大好きです。何故かって?それは、SEOに強い「Amazon」や「Wikipedia」が使っているからさ。

タイトルに魂を込めろ!言葉で人はサイトを見る!

いよいよ今回の記事の本題です。「タイトルに魂を込めろ!言葉で人はサイトを見る!」とは、どういうことなのでしょうか?ここまで読んできてる間に、感のいい方はもう気付いたかもしれませんね。「タイトル」「ディスクリプション」はWEBページの看板だということを先ほど伝えました。お客様は、検索結果や様々な場所で露出されているサイトの看板を見て、あなたのWEBページへやってきます。

要するに、「タイトル」「ディスクリプション」の文章の良し悪しによってお客様がサイトに訪れてくれるかが決まるということです。さらに、S.Sはその先までも意識しています。というのは、タイトルだけでお客様に大きなプラスの先入観を持たせてしまうのです。クリックされることは当たり前、その上に、タイトルだけでお客様を魅了してしまうのです。

このことは、アフィリエイト・ドロップシッピングの成約率を左右させます。「どうして」っと思われるかもしれませんが、検索結果に表示されている「タイトル」「ディスクリプション」の文章は、少なからず影響を与えています。

このことは、S.Sは自身のWEBサイトで、実証体験しております。おそらく、ここまで意識してタイトルを作っている方は少ないのではないでしょうか?そこまでを意識して、作られた「タイトル」「ディスクリプション」は、検索結果上で光って見えます。

サイト訪問率は上がるし、成約率もあがる。「タイトル」「ディスクリプション」の設定はWEBサイト成功のための重要な要素といえます。今回の記事を読み、ノウハウを吸収したあなたはもうタイトルとディスクリプションに関しては玄人並みです。自信を持って、誰にも負けない「タイトル」「ディスクリプション」を作成して検索結果で光輝きましょう。

S.Sがタイトルやキャッチコピー製作時に使う「スーパーキャッチコピー」を含む極秘副業ツールを提供しています。「タイトル」「ディスクリプション」で、ライバルに差をつけたい方はチェックしてみてください。