Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

オービィ横浜に混雑を回避して行ってきました!

orbi

2013年9月16日(月)18:00~からみなとみらいのMARK IS みなとみらいの5階にあるOrbi Yokohama (オービィ横浜)に、行ってきました。

8月19日のオープンに行ったんですが、チケット売り場の行列を見て撤退。それから約1ヶ月、台風の影響もあり近場の人以外は、あまり外出しないだろうなと思い、改めてオービィへ行ってまいりました。

Orbi Yokohama

Orbi Yokohamaチケット売り場

SEGAの最先端技術をイメージするオービィのロゴです。

驚愕

入ってすぐの入口に書いてある英語「BE AMAZED」って一体なんだろうって思い、調べたところ「肝をつぶす, あっけに取られる, 愕然とする,驚愕」などの意味らしいです。

オービィのコンセプトが世界初の「大自然超体感ミュージアム」ということなので、納得のキャッチコピーですね。

アニマルぺディア海バージョン

巨大なスクリーンに現れる実物大の海洋生物をタッチして遊べる「アニマルぺディア」をさっそくやってみました。子供は盛り上がるのかな?

ヌーの大群

A~Gまでのエキシビジョンがあり、それぞれ5分前後のアトラクションを楽しむことができます。ご覧の通り、台風ということでガランガランです(予想的中^^)。

ベースキャンプ

エキシビジョン回りに疲れたら、ベースキャンプという憩いの場で変化する景色を楽しみながら休憩することができます。

スマホ撮影ですのでしょぼいですが、実際はもっと綺麗で見ごたえあります。

イグアナ

カメレオンやクジラなど、変化する生物がベースキャンプには出現します。色鮮やかな生物と一緒に記念撮影ができる撮影スポットです。

オービィカフェ

混雑している時は、食事が出てくるまで40分以上かかるとネット口コミに書いてましたが、ほぼ貸し切り状態だったので、注文後すぐに出てきました。

味は普通です。

なお、みなとみらいカード(無料)をカフェで提示するとドリンクがタダで飲めるので、作っておくといいでしょう。

アニマルぺディア動物

最初に紹介した「アニマルぺディア」の風景は、時間が経つとアフリカの動物達の映像に変わります。2階のカフェから撮影すると綺麗な写真が撮れますよ。

リストバンド返却

すべてのエキシビジョンを終え、オービィでの記念撮影をこころゆくまで堪能して、出てきました。館内の撮影機で作成した合成写真は、オービィ側の思惑通り数枚お買い上げしてしまいました。記念記念^^

オービィ閉館

出てきたときには、もう誰もいませんでした。私たちが最後だったようです。大体3時間ぐらい中にいました。

まとめ

Orbi Yokohama (オービィ横浜)の私の感想は、シアターやエキシビションに関しては正直なところ想像以下でした。もっと、激しく自然の厳しさなどを身を持って体感できると思ったのですがそうでもなかったです。

コモドドラゴンは3Dになったのかな?

ダメだしはこれぐらいにして、魅力的なところはというと、まずは雰囲気が独特なので、ちょっとしたリラックスした気持ちになれます。

それと、私が行った日時が良かったのかもしれませんが、比較的すいているのでスムーズにアトラクション(エキシビジョン)をこなすことができます。

思い出に残る綺麗な写真が撮れます

オービィはカメラを持って、カップルや家族でたくさんの記念撮影を目的に行くと楽しい所なのではないかと思いました。

実際、私はスマホしか持っていかなくて失敗しましたが、場内の様々な場所で記念撮影をしたり、合成写真ができるブースで、何度も撮影をして楽しむことができました。

台風接近日で、空いていたからできたことかもしれませんが、比較的よるは空いていることが多いようです。ですので、オービィは23:00(最終入館21:00)までやっていますので20:00ぐらいに行くのがお薦めかもしれません。

それと、私の見解では、オービィはカップル向けの施設のような気がします。デートでみなとみらいに来た際には立ち寄ってみてはいかがでしょう。

参考サイト