Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

無料で被リンク(バックリンク)数を増やす賢い方法

被リンク

被リンク(バックリンク)とは、他のWEBサイトから自分のWEBサイトにリンクを貼ってもらうことです。※逆に自分のWEBサイトからリンクを貼ることを発リンクという。

WEBサイト運営において、被リンク数を増やすことがなぜ重要視されるかというと、Google等の主要な検索エンジンでの検索順位のランキング評価項目の一つとして、他のWEBサイトからの被リンク数が重要視されているからです。なお、数だけでなくどんなWEBサイトからのリンクかという質も重要。

つまり、被リンクが多ければ、多いほど、リンクされているキーワードについて信頼性のあるサイトというように評価され、検索上位表示しやすいということです。

ですので、検索上位表示を目指すWEB運営者は、自分のWEBサイトにあらゆる手段を使って被リンクを集めようとするのです。

無料でバックリンクを増やす方法

無料で被リンク(バックリンク)を増やす方法を下記にまとめます。※各手法はの詳細はここでは割愛します。

  1. 相互リンク
  2. ディレクトリ登録(ヤフーカテゴリ等)
  3. プレスリリース
  4. サテライトサイト作成
  5. ブックマーク(はてな等)
  6. 質問(知恵袋・OKwave等)
  7. ブログコミュニティ(ブログ村等)
  8. まとめ(NAVER)
  9. 無料ツール提供の見返り
  10. WEBテンプレート配布の見返り
  11. ランキングサイト(ブログランキング等)
  12. コメント回り
  13. RSS
  14. Twitter連動サイト
  15. ブログ
  16. 無料広告
  17. 動画サイト(You Tube)
  18. ソーシャル(Facebook、Google+等)
  19. 掲示板

以上、自分のやりやすい方法で、自然な形で被リンクを集めていきましょう。

既に、上記の中で利用している媒体があれば、積極的に利用していくといいでしょう。※あくまで自然な被リンクの付け方を意識してください。

被リンク数の確認(チェック)ツール

被リンクの数を確認できる便利なツールのまとめです。海外サイトですが、ドメインオーソリティ含め詳細なデータを確認することができます。※利用には1日の使用回数制限があります。

その他、被リンクを含め様々なチェックができるSEOツールをコチラのページでまとめています。→無料でSEO診断ができる!プロが選ぶツール7選

被リンクつけ方・貼り方には注意が必要

付け方には注意が必要

相当数のアクセスがあるWEBサイトなら、急速な被リンクの増加も理解できますが、大したアクセスがないのに被リンク数が急激に増えるというのは不自然です。

ですので、被リンクを付ける時は、一定の間隔を持った付け方を意識してください。

それと、できれば一度貼ったバックリンクは外さないでください。通常、自然発生的なリンクなら一度貼ったものは当面はずされないはずです。不自然に、リンクを付けたり外したりすることは私の経験上いい結果をもたらしません。

自作自演について

自作自演については、1つでも付けたらまずいというような風潮も昨今はありますが、そんなことはないと私は考えています。

自分の運営するサテライトサイトから、自然な形でリンクを貼ることに、そこまでの躊躇はいらないと思います。もしどうしても、変な受け取り方を検索エンジンにしてもらいたくないならば、リンクに「nofollow」設定をすればいいでしょう。

以上、今回は被リンクをテーマに記事を書いてみました。本記事で被リンクの増やし方を紹介しておいてなんですが、私は自作で被リンクを付ける暇があったらコンテンツを増やすことを推奨していますし、そうしています。

でも、SNSの流行は無視できない状況にありますし、重要な集客方法のひとつとなってきていますので、人が集まるツールは自分でも利用し、WEBサイトへの集客に使えること(被リンク集め等)は積極的にやってみてもいいでしょう。