Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

Google SEO対策の歩き方 ‐ パーフェクトガイド2013

google

スパムに対するGoogleの対応はより迅速になってきており、検索エンジンを欺いて上位表示することは、年々厳しくなってきています。ですので、WEBサイト運営で成功するためには、Googleが提唱する正しいSEOについて、学んでいくことが今まで以上に重要になってきています。

下記では、Googleがウェブマスター向けに確認すべき情報を提供してくれているサイトを中心に紹介しています。間違った認識を改めるためにも、是非一読しておきましょう。

Google Seoガイドラインをチェック

初心者がまずチェックしたい、Googleが提案しているSEO対策が学べるサイトを紹介しています。知りたい項目の「タイトルをクリック」してください。

検索エンジン最適化スターターガイド(PDF)

SEOの基本がわかります。PDF32ページでの構成。

検索の仕組み

Google検索の根幹部分ともいえる機能が解説されています。

ウェブマスター向けガイドライン

「デザインとコンテンツに関するガイドライン」「技術に関するガイドライン」「品質に関するガイドライン」を確認できます。Googleの基本的な考え方を学びましょう。

アルゴリズムを掴むのに役立つツール(サイト)

Google ウェブマスター向け公式ブログ

ウェブマスターに向けた最新情報をキャッチできます。

Google Japan Blog

ウェブマスター向け公式ブログと比べると重要度は低いですが、Googleの最新の取り組みを知りたい時にチェックしてみよう。

ウェブマスターツールヘルプ

再審査リクエストのやり方など、Googleツール利用においての疑問が解消できます。

ウェブマスター ツール

ウェブマスターツールへのログイン画面。アカウント開設すると、検索エンジンが運営サイトの認識状態などが把握できます。

Google プロダクトフォーラム

Googleサービスの利用者同士が交流できるフォーラム。どうしてもわからないことがあったら質問をしてみましょう。

サイト運営に役立つツール

Google AdWords キーワードツール

指定したキーワードの「月間検索ボリューム」「競合性」をチェックできます。

Google Analytics

Google提供の無料アクセス解析。

Googleセーフ ブラウジング~スパム(ペナルティ)チェック

指定したサイトが、Googleからスパム判定を受けていないかを確認できます。

SEO対策に役立つ情報配信サイト

海外SEO情報ブログ

GoogleのMatt Cutts(マット・カッツ)氏の動画配信をはじめ、最新のSEO対策情報をわかりやすく噛み砕いて説明してくれています。

SEMリサーチ

米Googleの最新動向をチェック可能。

SEO Japan

日本初のSEO情報ポータルサイト。名前は「SEO Japan」ですが、SEO以外の情報が多いかもしれません。長く運営されているのでしょうがないですが…。

SEO 検索エンジン最適化

独特の切り口で新たな気づきを与えてくれます。

Web担当者Forum

Webに関する様々な情報が掲載されています。ちょっと見にくいけど、内容は興味深い記事がたくさんあります。

まとめ

以上、SEOをする上で絶対に確認しておきたいGoogle公式サイトを中心に紹介させていただきました。今後、SEO対策を実践する際は、ここで学んだことを意識して、ページを作成していくようにしましょう。

現状は、ブラックハットなサイトが人気キーワードの上位をとっていることが多く見受けられます。結果論をとれば、有効なSEOであるといえますが、Googleの進化とともに削除されるでしょう(いずれは…)。

S.Sは、ブラックハットSEOを批判しようとは思いません。

そもそも、スパム行為を行いGoogleを欺いている者たちの中には、かなり勉強熱心で、詳しくSEOのことを理解している者もいると考えています。ブラックハットSEOを推奨したり、認めるわけでもはないのですが、勝ちたければ何とやらで、まずはGoogleが提唱するSEO対策を理解することが重要であると彼らは理解しているのです。

しかし、Google非推奨のSEOは危険で、いつインデックス削除されるかわかりません。そんなことに、ビクビクせずに楽しくサイト運営していくためにも、これから作る大事なサイトは、正当法(Google推奨のSEO)で作成していくことをおすすめします。