Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ペット介護士の評判まとめ

犬の散歩をするペット介護士

話題の仕事「ペット介護士」を実際にやったことのある人の体験談を公開します。

集まった体験談の加筆・修正などは一切行っていないやらせなしのステマではないリアルな評判です。

「ペット介護士は安全?気になる収入は?資格は必要?」など、ペット介護士をするにあたって気になる点や実際のお仕事内容について、体験者の声を参考にしてみてください。

ペット介護士の評判

それでは、ペット介護士を実際に行ったことがある人達の体験談を見ていきましょう。

お客さんの家へ行き、ペットのお世話をします。簡単な世話から、獣医さんを呼ばなければいけない時もあり、気が抜けませんでした。

私の場合は、ある企業に契約して、何件か紹介をしてもらいました。そして、お客さんと信頼関係が生まれたら、お客さんが、友人を紹介してくれます。そうやって、横のつながりを大切にしていれば、仕事は増えていきます。

通勤方法はバイクです。バイクのほうが、渋滞でも走ることができるからです。一軒目が遅れると、二件目三件目と遅れてしまいます。また、遅刻だけならいいの出すが、その間にペットの体調が悪化するといけません。自分が落ち着いて動ける時間を確保することは、とても大切なことです。

私の場合、一日に五件以上は、仕事を受けないようにしています。一匹、一匹、丁寧に接したいのです。私の先輩で、数をこなしたがる人がいました。稼ぐことしか考えていないので、扱い方が雑でした。

そして、お客さんからも苦情が来ていたようで、しばらくして辞めていきました。

私たちは、ペットのことを自分の家族だと思いながら接しています。ペットの最期を看取ることも大切な仕事です。

帰りの遅い飼い主の代わりに、猫を看取らせて頂きました。その日は、最期がどんな様子だったかを伝えて仕事を終えました。

できれば飼主さんに、看取ってもらいたかったですね。急に来る最期の時は、予想できません。仕方ないことですが、この仕事ではやり場のない悔しさを感じます。

香川(男性)

ご覧いただいた評判は、過去の一定時点における情報を含んでいる場合がございます。そのため、現時点で募集されている求人内容とは異なる可能性がございます。

ペット介護士のはじめ方

ペット介護士の仕事に興味を持った方は、まずはお仕事に必要な知識を学んでみるのがいいでしょう。

資格の認定もあるようですよ(下記画像リンク先を参照)。