Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

リボン作りの評判まとめ ~ 内職の体験談

ハートリボン

「リボン作り」の内職を実際にやったことのある人の体験談を公開します。

集まった体験談の加筆・修正などは一切行っていないやらせなしのステマではないリアルな評判です。

「リボン作りの気になる収入は?自宅でできる?」など、リボン作りの内職をするにあたって気になる点や実際のお仕事内容について、体験者の声を参考にしてみてください。

リボン作りの評判

それでは、リボン作りを実際に行ったことがある人達の体験談を見ていきましょう。

以前に内職で、ビニール袋に包んだお菓子に巻くリボンを作っていました。

子どもが小学校に入ったので働くつもりでしたが、夏休みや時折体調を崩した時など、まだ一人で長時間の留守番はさせられないかな、と考えていたところ、たまに通る道に内職の募集が出ていたので、お話を聞きにいきました。

募集した会社でもごく最近製菓工場から受けたばかりのお仕事だったようです。

サンプルを頂いて、自宅で最小ロットを作成してみました。最初は時間がかかりましたが、作業自体は楽しくリボンも可愛いし、小さいものなので場所も取らず持ち帰りに重たくて大変ということもありませんでした。

また自宅での作業だと、子どもの帰宅に家にいて、内職をしている横で学校の宿題もみることができ生活の不便はまったくありませんでした。

一つ1円で、200個で最小ロットでした。

私は作業自体は飽きない・・・というかむしろ家事より楽しいのですが、つくりすぎると腱鞘炎になりそうなので 一日200個を上限にしていました。

以前から別の作業をされている方は自分の3~5倍の量をかなり手早くさばかれていたそうです。

そういうわけで、量的にはあまり貢献できなかったのですが、沢山くるので自分のペースでよいので、一セットでも多く作ってほしいとのことでタイトなノルマもなく、二年ほど作業をさせてもらっていました。

製菓会社の担当者の方が交替されてから、包装の仕様も変更になったそうで、リボンの内職は無くなってしまいました。

今はパートに出ましたが、リボンは楽しかったのでもし募集がかかることがあったら土日にしたいほどです。

ななこ(女性)

色々と訳あって、内職始めました。

近場に内職専門の会社があり、先日初めて行ってみた時の事。大きな倉庫にたくさんの段ボールがあり、色んな内職がたくさん置いてありました。その中で、たぶん初心者がやるのであろう「リボン作り」これが今回の私のお仕事です。

リボンといっても、蝶々のようなリボンではなくて、プレゼントやお祝い、母の日ギフトや商品券などに、シールと共に貼ってあるくるりと1回転してあるリボン、わかりますかね?汗

作り方の説明をすると、リボンの企画の図面がちゃんとあって、20cmのリボンをその図面に合わせ、そのサイズ(幅)の通りに作ります。

片方の端を図面に合わせ、リボンの真ん中に両面テープを貼り、くるりと丸めてもう一方の端を反対側の図面の端にもっていき、形ができたら両面テープの所をペタ。 説明が下手ですみません。

見た目は簡単に見えるのですが、全て同じ形のリボンにし重ねなくてはならないため、少しでもサイズ(幅)が違うとはじかれてしまいます。

そしてはじかれた分単価を減らされてしまいます。

これを1000本(100枚×10束)、2日半くらいで仕上げます。

まだ慣れていないのか、私の仕事が遅いのか100本100分かかります。1000本1000分、約16時間40分。やりながらあきてしまいスマホをいじりだしてしまうので実際はもっとかかります。

1日6時間、パートに出られる時間です。パートといえば時給800円位はもらえるはずです。内職といえば、、。 安いのは知ってました。覚悟の上で始めました。それでも単価表を見た時は、がっかりしました。

やめようかな、そんな気持ちもよぎりました。でも、家で何もしないより少しでもお金になれば、と自分をふるいたたせました。 、、

リボン1本0.7円です。 16時間40分働いて700円、すごい世界です。

5日で1400円、1ヶ月で8400円弱。電気代位にはなります。やっぱりやらないよりやったほうがいいに決まってる精神で、これからもがんばります。いつか単価のいい内職がまわってくるのを夢見て、、。笑

にゃん(女性)

ご覧いただいた評判は、過去の一定時点における情報を含んでいる場合がございます。そのため、現時点で募集されている求人内容とは異なる可能性がございます。

おすすめの在宅ワーク・内職のはじめ方

リボン作りの報酬や仕事内容を知ってどうも合わなそうだなと感じた人は、パソコンを使ったデータ入力やライティングなどのお仕事にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

クラウドソーシングサービスを提供するクラウドワークス なら、自分の予定に合わせて自宅でいつでも仕事に参加できるし、経験を積めば高収入を稼ぐことも可能ですよ。

でも、パソコンでの仕事に興味はあるしやってみたいが、パソコンスキルに自信がない…という人は、まずは稼ぐための知識を在宅ワーカー養成講座で学んでみるといいでしょう(下記画像リンク先を参照)。

また、どうしてもパソコンでの作業が苦手という人もいますよね?

そういった方は、さし絵ライター、建築模型製作、賞状書士、デコアーティストなど手作業での内職として人気の高い技術を学び、高収入を得る方法もありますよ(下記画像リンク先を参照)。