Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

Webサイト運営に役立つ便利ツール12選+X個

web便利ツール

無料なのに、Webサイトを運営する人に非常に役立つ便利ツールをまとめてみました。

既に、副業学校では、フリーソフトWEB素材等のページで無料で使える便利ツールをまとめていますが、今回はちょっと切り口が違うものを集めました。

私は有料のツールを利用しているため、使っていないものも含まれていますが、ネットビジネス初心者の視点に立ち、まずは無料でWebサイト運営を効率化させるために使ってもいいんじゃないかと考えられる役立つツールやサイトを厳選しました。

下記にWeb便利ツール・サイト一覧とそれぞれの特徴や活用方法を紹介しています。

役立つWeb便利ツール・サイト一覧

TeraPad

TeraPad

有名な無料テキストエディタのTeraPadなら、HTML、PHP、CSS、JavaScriptなどの主要WEB言語の編集を行番号を見ながらスムーズに編集できます。

有料のツールを利用の方は不要かもしれませんが、メモ帳を利用してHTMLの編集をしている方や、メルマガを作成する際などはTeraPadを利用した方がいいでしょう。

コチラもおすすめ

Punycodeエンコード

Punycodeエンコード

Punycode(ピュニコード)エンコードとは、「副業.xxx」のような日本語ドメインを「xn--ker737c.xxx」という形に変換することです。

サイトを外部にお知らせしたり、拡散してもらう際には「xn--ker737c.xxx」の情報を教えてあげた方が親切です。

リンク先のサイト上にある、「半角<->全角変換」「特定文字列除去ツール」は、メール作成時に役立ちそうですし、「キーワード組み合わせ」はリスティングに役立つと思います(PPC管理画面上でもこの手の抽出などは可能)。

文字数カウンター:numMojiなんもじ

文字数カウンター:numMojiなんもじ

記事作成時に役立つツールです。全部完成したらブラウザプレビューした記事をコピペしてみましょう。いろんな装飾をしていてボリュームがあるように感じた記事も、実際に調べてみると文字数は少ないかもしれません。

文字数が多ければいいってわけじゃないですけど、コンテンツボリュームはひとつの指標ともなるので利用していきましょう。たくさん、文字数カウントできるサイトはありますが、色的にこのサイトが私は好みだったので紹介しました。

MindMeister

MindMeister

正直、私はEXCEL上でネットビジネスの情報の整理は全て完結させるので、マインドマップは使わないんですが、ビジュアルを楽しく色どりながらサイト構成を考えたい人は利用してみるといいでしょう。

他にも、マインドマップツールはたくさんあるんですけど、「MindMeister」がざっと使用してみたところ、一番単純で視覚的にも楽しいかと思います。

あまり利用しない人間(S.S)のいうことなので、参考までにしてくださいね。調べればマインドマップツールは、いっぱいあるので興味のある方は探してみましょう。

The W3C Markup Validation Service

The W3C Markup Validation Service

URLを入力するだけで、HTMLが正しくマークアップされているかを調べてくれます。かなり細かいので、ネット副業家の方はそこまで気にする必要もありませんが、WEBデザイナーの方などプロの方はエラーがないようにチェックした方がいいかもしれません。

あと、ついでですが構造化データのマークアップなどもWEBサイトによっては、成約につながる強い武器というか、当たり前となってきているので、WEBを生業とする人は習得しておくといいでしょう。

デバックサイト

HeartRails Capture

HeartRails Capture

Webページ、PDF、OfficeファイルのURLを入力するだけで、効果を付けたサムネイル画像を作成することができます。

昔は、かなりお世話になった機能ですね。今は、各種ツール上でもサムネイル生成して、サイズ違いの画像データを自動生成してくれたりするので、あまり使う機会はありませんが、手打ちでHTMLを書いている方などは利用してみてもいいと思います。

それと、HeartRails Glanceというサービスも同一管理者様が提供しており、マウスオーバーでリンク先のページをサムネイル表示できるので、結構おもしろいです。気に行った方は導入してみてください。

HTML Instant : Real-Time HTML Editor

HTML Instant :  Real-Time HTML Editor

ブラウザ上で、HTMLが書けます。全画面で操作でき、結果がすぐに右面に反映されるので非常に記事を作成しやすいです。

画像の挿入前までは、すべてこの画面上で処理し、Sツールや無料ブログ、WPで画像をアップロードして、最後の仕上げをすれば作業効率をアップできるのではないでしょうか?

基本的な装飾は用意されていますし、CSSを紐づければ実際のビジュアルを確認しながら、作業することができますよ。

なお、新規タブを開き、下記の文をURLに指定すると、ブラウザをメモ帳代わりにする事が出来ます。情報収集の際などに活用するといいでしょう。

data:text/html, <html contenteditable>

Weblio

Weblio

類語を探す時に重宝します。

ブログ記事やメールで、同じ言葉が何度も登場すると、文章がまんねり化してしまいます。そんな時に、類語をうまく使いこなせば、表現力が豊かになり魅力的な文章ができあがるでしょう。

なお、対義語辞典も合わせて活用すれば、より強調したい文を際立たせることが出来るようになると思います。

Web電卓

Web電卓

とにかくでかい電卓です。はっきりいってあまり必要性を感じません。

でも、楽しくだらだらと計算をしたいという方はご活用ください。

ホッテントリメイカー

ホッテントリメイカー

ホッテントリしてそうな?タイトル候補をキーワードを入力しただけで、自動で作成してくれます。どうしても記事タイトルが思いつかない時などに活用するといいでしょう。

出力される情報は、入力キーワードの意味は理解してくれないので、定型文にキーワードがはめ込まれるだけです。

CC Search

CC Search

以前、無料写真素材集|役立つ商用OKのフリー素材サイトのまとめという記事を書きましたので、既に紹介している素材集サイトだけでも、十分にWEB製作で写真に困ることはないと思います。

しかし、どうしても気に行った物が見つからない時は、「CC Search」を活用すれば、フリーの写真素材をFlickrやGoogle画像上から探しだせるので活用するといいでしょう。

アイデア生産工場

アイデア生産工場

ホッテントリメイカーと合わせて使いたい、タイトル選びや記事コンテンツ製作を助けてくれるツールです。どうしても書く記事の内容に困ってしまった時や、他の人の記事との差別かをはかりたい時などに利用するといいでしょう。

Webサイト運営に役立つ便利ツールの総括

WEB初心者にとって、「HTML Instant」「CC Search」あたりは鉄板として活用してもいいぐらいおすすめなような気がします。後のツールは必要性に応じて、利用してみるといいでしょう。類語検索は、キラーページ作成時なんかには利用したいものですね。

無料のツールを使い倒そう

タダだから悪いなんてことはありません。

タダでも優れたいいツールやサイトはたくさんあります。むしろ、有料なのに使えないツールや情報の方が溢れているかもしれません。

つまるところ、無料・有料に限らずいいものを探し出すことができる情報収集能力がネットビジネスを副業・本業にする人にとっては非常に重要です。

自分の感覚で、良品や良人?を見極められるようになりましょう。