Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

サグーワークスは稼げない?初心者は難しい?やってみた真実

サグーワークスで仕事をする様子

副業やお小遣い稼ぎに在宅でお仕事をしたいと思う方は多いのではないでしょうか。そんな人に魅力的なサービスの一つが「サグーワークス」です。

オンラインで仕事をもらって、完全在宅で仕事ができる「サグーワークス」ですが、あやしいサービスじゃないか?自分でもできるだろうか?と不安に思う方もいるかもしれません。ここではサグーワークスでお仕事をするメリットとデメリットを説明します。

サグーワークスとは?

サグーワークスとは記事作成サービスのことで、ユーザーはサグーワークスに登録し、募集のある記事を書いたりアンケートに答えたりして報酬を得ます。記事は短いものから分量のあるものまでさまざまで、ジャンルも幅広いです。

すべてに対応しなければならないのではなく、自分が書けそうなもの、書きたいと思うものを選んでお仕事をすることができます。ただし、お仕事によっては執筆の条件があるものもありますので、どれでも自由に選んでお仕事ができるわけではありません。

また、アンケートや名刺のデータ入力など、簡単な作業もありますので、記事を書くほどのライティングスキルがない人でもできる仕事は用意されています。

もちろん、ライティングスキルがある人はどんどん好条件の記事作成に取り組めます。ライティングスキルがまだない人でも、お仕事をする中でスキルを身に付ければ、徐々に好条件のものにチャレンジすることもできます。

サグーワークスの始め方

サグーワークスでお仕事を始めるためには「ライター登録」をする必要があります。
メールアドレス(フリーメール可)で登録し、生年月日や職業などの個人情報やこれまでの自分の経験などを登録します。この経験をもとにお仕事の依頼が来たり、募集案件の執筆条件に合致しているかが決まりますので、可能な範囲で詳細に登録した方がいいです。すべてが公開されるわけではありません。

ライター登録が終わったら、まずは簡単なライティングやアンケート、データ入力などができるようになります。

ライティングのお仕事を何度も行っていき、自分が書いたものがクライアントに承認されると、案件の内容によって経験値が貯まり、レベルやグレードがあがります。

お仕事によってはこのレベルやグレードでライターの制限を設けていることがありますので、地道にライティングを行い、レベル、グレードを上げていくことが好条件の案件を受けるためには必要になってきます。

サグーワークスで期待できる収入

サグーワークスで得られる収入はどの程度作業に時間がとれるか、どのようなお仕事をメインで行うかによって異なります。

例えば、ライティングのお仕事はアンケートやデータ入力などに比べると単価が高いため、ライティングのお仕事を中心に行うのであれば、初心者やライティングスキルが人並みの人でも、こまめにこなしていくことでお小遣い程度の収入が期待できます。

ライティングスキルが高い人や、経験を積んでスキルが高くなった人であれば、好条件のお仕事を引き受けることができるようになり、副業としても十分に家計を支え得る程の額を稼ぐことも可能になります。

逆に、あまりサグーワークスでの作業に時間をさかず、スキルを磨いたりするよりも空いた時間で地道にコツコツやりたいという人であれば、アンケートやデータ入力を行うことになるかと思います。こちらは単純な作業で、高度なスキルは求められません。その分報酬も低めですが、コツコツ続ければ、苦手なライティングを長時間かけて行うよりも効率よくお小遣いを稼ぐことができます。

サグーワークスの口コミでの評価

サグーワークスの口コミでの評価を調査してみると、自分の都合やスケジュールを優先してお仕事ができることに魅力を感じる人が多いようです。

また、スキルを身に付ければ条件のいい案件を引き受けることができ、効率的に報酬が得られることも魅力の一つのようです。

しかし、一人一人のライターのライティングスキルを伸ばしてくれるような育成制度があるわけではありませんので、成長できるかどうかは自分の努力にかかっていて、初心者がスキルアップしていくのは難しいと感じている人も多いようです。

また単発の案件が主であるため、サグーワークスのお仕事だけで生計を立てるほど稼いでいる人は少ない印象を受けました。

サグーワークスの体験談

私はライティングのお仕事を体験してみたいと考えてサグーワークスでのお仕事を始めてみました。1つの記事から始めることができて、また、いくつもある案件の中から自分が書けそうだと思うものを選んで書くことができます。

特に初めて間もないころは、自分がどんなジャンルの話題に詳しくて、どんな文章だったら書きやすいのかわかりませんでした。そのため、比較的短い文章を書く案件をいろいろなジャンルで行ってみて、少しずつ自分ができるお仕事を見つけていきました。

また、コツコツ系の作業も好きだったため、気が向いた時にアンケートに答えて見たり、データ入力をして、まだまだライティングスキルがなく報酬だけでは不十分だと思った分を稼いでいました。データ入力は特にタイピングの早さには自信があったため、取り組みやすく、楽しく行うことができました。

私はお小遣い稼ぎ程度でよいと考えていたので、月に10本以内のライティングと、電車の移動時間や夕食後に少し時間があるときなどの簡単作業を行っていました。

サグーワークスのメリット・デメリット

サグーワークスのメリット

サグーワークスでお仕事をするメリットは2つあります。

まず、自分の希望に合わせてお仕事にかける時間と作業量を調整できるというところです。
例えば他に本業があり、副業としてライティングのお仕事をしている人が継続的な記事作成のお仕事を引き受けてしまうと、本業が忙しくなった時に必ずしも調整ができるとは限りません。副業とはいえ、お仕事を引き受ける以上はある程度の責任が求められます。

しかし、サグーワークスであれば比較的単発のお仕事で、「指定されたキーワードやトピックで1つの記事を書く」というお仕事が中心になりますので、本業が比較的暇で時間がとりやすい時期にはたくさんお仕事を引き受け、逆に本業が忙しくなってきたら少しサグーワークスでのライティングをお休みするということも可能になります。

つぎに、お仕事をしながらライティングスキルを身に付けることができます。サグーワークスではお仕事に応募し、記事を書くと、記事の質が十分でない場合、クライアントから修正が入ります。自分が書いた文章が修正されますので、少し苦しい作業になりますが、どのような記事がいい記事なのか、どのように書けばもっとよい記事になるのかを学ぶチャンスでもあります。たくさんお仕事に応募し、たくさん修正を受けることで、自ずと自分のライティングスキルが磨かれていきます。報酬をもらいながら、より好条件の案件にチャレンジできるよう、ライターとしても成長させてもらえるのは非常に大きなメリットです。

サグーワークスのデメリット

サグーワークスでお仕事をするデメリットは2つあります。

まず、必ずしも自分が得意な案件がいつでもあるわけではないことです。お仕事はクライアントありきですから、自分が書きたいものをいつでも書けるというわけではありません。募集のある記事から書きたいものや書けるものを選ぶことになりますし、記事の書き方や内容にも条件が設けられていることがあります。自分の好きなように文章を書いてお金をもらうような仕事ではないという点は、デメリットと言えると思います。

つぎに、既にライティングスキルの高い人にとっては、サグーワークスでお仕事をし始めてすぐに好条件の案件に応募できないというのはデメリットになると思います。他での実績があっても、サグーワークス内での審査に合格しなければ好条件の案件にチャレンジすらできません。その意味で、初心者であれば問題ないでしょうが、既にライティングで生計を立てるようなスキルのある人が再度サグーワークスでお仕事を始めるのは、じれったい部分があるかもしれません。

サグーワークスに向いている人・向かない人

サグーワークスでお仕事をする際に向いているのは、特に始めたての時期にライティングスキルが身につくまではじっくりと自分のライティングスキルを向上させられる、向上心のある人だと思います。

そのためにはある程度サグーワークスでお仕事をすることに時間を割く必要がありますので、本業などのない主婦や学生の方が向いていると考えられます。

完全在宅で記事さえかければ勤務時間などに制限はありませんので、本業がある人でも時間を有効活用してスキルアップを図れる人であれば向いていると言えます。

逆に、誰かに育ててほしい、自分ではスキルアップをする自信がないという人は、サグーワークスで希望の報酬を得るというのは難しいかもしれません。

まとめ

以上のようにサグーワークスのメリットとデメリットをまとめましたが、これからライティングで稼いでみたいという人にとっては始めやすく、続けやすいサービスです。

始めることに初期費用などのリスクもありませんので、少しでも興味を持った方はぜひ一度チャレンジしてみてください。