Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

デジタルカメラのeBay転売で儲かった話と苦労した話

eBayのイメージ

これからebayでの物販や転売を始めたいという方に向けて、体験談を披露します。「少ない額でもいいからebayで稼いでみたい」と意気込んでいる方のお役に立てればと思います。

ebay転売についてネットに溢れている情報に触れると、「楽して儲けられそう」もしくは「失敗するのではないか」といろんな感情を抱くと思います。ebayで商売をおこなうためにはもちろん英語が必要ですが、大事なのは語学ではありません。いかに品物を安く仕入れて、お客さん(入札者)を集められるか、これに尽きると思います。あれこれ考えるより、とにかく始めて経験してみる。そんなきっかけになれば幸いです。

ebayとはなにか

ebayは世界最大のオークションサイトです。日本で言えばYahoo!オークションのような、最もよく知られたサイトと言えると思います。

アメリカのみならず、ロシア、ヨーロッパ各国、中東、アジアなど様々なユーザーが参加しているサイトです。

特徴としては、日本で買えないものが買える、ということに尽きるのではないでしょうか。日本にいながらにして世界中の人々に品物を売ったり、または反対に世界から品物を買ったりと、そういったこともebayの魅力だと思います。

ebay物販の始め方

ebayで品物を売るためには、いくつか必要なことがあります。いずれも、少しの手間をかければ難なくクリアできる手順だと言えるでしょう。

(1)ebayのアカウントを作成する

これはYahoo!オークションやメルカリでも同じですね。作成作業はもちろん英語です。マニュアル本や、インターネット上にガイドが出ていますので、英語に不安のある方でも問題なく実施できます。

(2)PayPal という決済サイトに登録する

PayPalは、こちらもアメリカでは有名な決済サービスです。ebayで品物を売った収益を受け取るために必要です。こちらは日本の公式サイトで、日本語の案内にしたがって登録作業を進めることができます。何も心配はありません。

(3)ebayで信用を築く

ebayの特徴のひとつとして、口コミ(評価)があります。日本のオークションサイトを利用したことがある方なら、イメージしやすいのではないでしょうか。

ebayで品物を売り始める前に、「まずは買う」という作業をおこなったほうがよいです。なぜなら、まったく評価のない(顔が見えない)人から品物を買おうとは思いませんよね。

買い手の気持ちを考えて、まずは少額の品物を10点ほど購入し、よい評判を集めておくことをおすすめします。

ebay転売で期待できる収入

これは、「とにかく数をこなす」。これに尽きると思います。

私の場合は主に入門クラスのデジタル一眼レフカメラやコンパクトカメラを扱っていましたが、1品あたりの売買利益は1000円から2000円程度でした。例えばこのレベルでひと月に10万円稼ぎたいのなら、50品から100品くらいをさばく必要があります。

数をこなすことが大事と言いましたが、1品を仕入れてから売買契約を成立させ、配送し、代金を受け取るまでには2~3時間の手間がかかります。慣れてくればもっと早くできると思いますが、最初のうちはこのくらいの手間は覚悟しておくべきでしょう。

本業を持っている方がebay転売をおこなうならば、たとえば週末の数時間を使うのが限界ではないでしょうか。そうなると、ひと月あたり10品ほどの売買がやっと、というところでしょう。この例でいえば月あたりの収益は10,000円から20,000円という額になります。

あくまで、これは私の体験談をもとにした例です。やり方によってはもっと効率的に、より多くの収益をあげることも可能でしょう。

ebay転売で苦労したこと

冒頭でも述べましたが、ebayでは英語で売買をおこないます。品物の紹介ページ、入札者や興味を持った方とのメッセージ交換、売買契約など全て英語でおこないます。

ただ、苦労したのは言葉ではありません。いくつか紹介いたします。

(1)入札が集まらない

オークションで品物を売ることにおいて、最も重要で、しかもいちばん大変なことと言えるでしょう。

出品当初の価格設定が重要なのですが、このあたりは経験を積まないと難しいところです。なるべく低い金額から売り出せば注目を集めますが、仕入れ値を下回った価格で売れてしまっては意味がありません。

(2)落札者からお金が支払われない

これは悪意のある落札者や、ちょっとダラシない方にあたった場合です。

ebayは、システムとして落札者を優遇するようにできています。逆に言えば、出品者はお金が支払われるのを待つしかないのです。

もちろん、一定期間が経過すればその取引は無効になるのですが、その間ずっと待ち続けるしかなく、商売は停止したままです。

(3)品物を発送したのに、落札者へなかなか届かない

おそらく日本ほど郵便、宅配事情が発達した国はないのではないでしょうか。そこに住む私たちの感覚でいると、痛い目にあうこともあります。

以前、南米のとある国に日本の民芸品を送ったことがありましたが、送料を節約するため普通の海外郵便で送りました。

ところが3週間たっても到着せず、落札者から心配のメールがなんども届きました。仕方なく代金はお返ししたのですが、その後到着したようです。あとの祭りです。

(4)冷やかしの質問に対応しなければならない

なかには買う気がないのに品物に関してアレコレたずねてくる方もいます。英語だったり、ときにロシア語、イタリア語だったりと大変です。

メッセージが来た時点では冷やかしか否かは判別できないので、丁寧に対応せざるを得ません。これに時間がとられることも多々あります。慣れてくれば「イタズラだなと」割り切って無視するのも方法のひとつでしょう。

ebay転売のメリット

いろいろ大変なことが多いebay転売ですが、いいことと言えば、「自分の力で世界中の人たちと取引ができること」。

ロシア人やブラジル人からお礼の言葉をもらったとき、これは本業では味わえない喜びでした。売買が赤字であったとしても、そういった海外からの感謝のメッセージに嬉しさを感じて、また売買を頑張ろうと奮起したことを覚えています。

さらに、やはり外国語でメッセージをやり取りすることで「度胸が身につく」と言えると思います。

最近はGoogle翻訳など便利なツールが多く存在していますので、英語スキルがあまりない方でも心配は要りません。

やはり度胸です!商売ですから、もちろん相手の気持ちになって、そしてときにははっきりとものを申す。こういった姿勢が身につくことがメリットではないでしょうか。

ebayに向いている人・向かない人

向いている人:いろんな人とメールでコミュニケーションを取るのが好きな人、単純作業が苦にならない人、電化製品や新製品が好きな人、少しの失敗でも挫けない人。

向かない人:地道な作業が続けられない人、週に5時間以上の自由時間がとれない人、計算が苦手な人、語学が苦手な人。

まとめ

これからebay転売を始める方へのメッセージです。

本当に苦労することが多いのですが、コツコツと続けることで利益が出せるビジネスだと思います。また、国内のオークションサイトより市場の規模が大きいので、様々なビジネスチャンスが存在しています。

まずは自分の好きな品物、カテゴリから売買を始めることがいいでしょう。好きなものであれば、その特徴や良さを知っていますよね。それを海外の方たちに知らせるのです。見知らぬ国の人たちから感謝のメッセージが届くこと、これは普段の生活では決して味わえない感動です。

すでに述べましたが、英語スキルは大きな問題ではありません。翻訳サイトや翻訳の機械を使えばなんとかなる。日本国内に、ノウハウを公開したサイトも多くあるのでそれらを参考にすればいいでしょう。

最初は苦労することも多いと思いますが、とにかく諦めず、コツコツと続けること。私は利益が出せるようになるまで数ヶ月かかりました。やはり経験が何よりの教科書です。