Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

写真販売の副業で稼ぐ!インターネットで写真が売れる

写真販売

私は写真を撮るのが好きなんですが、最近、自分の撮った写真をインターネットで売ることができることを知りました。

既に始めている人も多いと思うので、「今更かよ!」って思う方もいると思いますが、多くの写真=お宝がありながら、それをお金に換える方法を知らない人のために、写真販売の副業に関してまとめてみました。

と、偉そうにいったものの、実は、私は写真販売でびた一文稼いでいません。

ですので、稼ぐ方法については机上の空論です。

でも、副業関連の情報に関しては、私はとことん調べますので、実際に何十万という金額を稼いでいる人の情報なども隈なくチェックしましたので、情報の鮮度はご安心を。

どうやって写真を売るの?

写真は、インターネット上で写真販売WEBサイトに販売者登録することによって、売ることができるようになります。

以下に写真販売の一連の流れをまとめたのでご覧ください。

  1. 写真販売サイトに販売者登録をする
  2. 利用規約確認や販売者講習を受ける
  3. 写真を審査に出す
  4. 審査通過すると販売スタート
  5. 写真が売れると登録アドレスに通知がくる
  6. 最低換金額になれば指定口座に報酬が振り込まれる

おすすめの写真販売サイト

写真販売サイトは業者は非常にたくさんあります。多くのメディアで注目されたビジネスなので、多くの業者が新規に参入したようです。

しかし、業者が増えたからといって稼ぎやすくなったわけではありません。

人が集まるWEBサイトで写真を販売しないことには稼げません。ですので、アクセスが少ないWEBサイトに登録するのはハッキリいって時間の無駄です。

数打てばあたるかもしれないが効率が悪いです。

初心者であろうがプロであろうが、有名な写真販売サイトに登録することが最善です。中でも、PIXTAは多くの人が実践し、報酬を多くの人が得ている写真販売サイトですので、絶対に登録しておきましょう。

サイト一覧

私の体験談

登録に関して

販売者登録は、どのサイトも特別な審査はないので、すんなり登録できます。

なお、各WEBサイトでは、写真を売るための貴重なノウハウや写真販売をするための常識を学ぶことができます。

写真販売サイトでは、アフィリエイトをしているので、写真を紹介することでお金を稼ぐこともできます。興味のある方は実践してみましょう。

審査について

正直、審査はかなり厳しいです。

私は何回(何枚)も落ちました。

というのも、私は外出時にコンデジをよく携帯します。ですので、腕の問題もありますが、画質がいい写真があまりありませんでした。

私は、写真を撮るのが好きといっても、記念にパシャリと撮るのが好きな程度で、重い一眼を持って歩こうと思いません(買っちゃいましたが・・・)。

相棒は最軽量のサイバーショットです。

昔からカバンはもちろん、財布をポケットに入れるのも嫌なぐらい手ぶら主義の私が、一眼を持って歩くなど出来るはずがなかったのです。

とまあ、私のどうでもいい話はともかく、一眼で撮った自信のあった写真も落ちたので、本当に審査は厳しいです。商品として販売するので、お金を払うだけの価値のある写真でないと、審査通過はできないでしょう。

なお、これから写真販売に挑戦する方は、審査に出す前に、販売に適している写真とは何かを参考サイトで確認しておきましょう。

参考サイト

まとめ

写真販売という副業が生まれ、写真を撮る人が誰しもお金を稼げるチャンスが生まれたことは非常にうれしいことですが、実際に稼げるのはごく一部の売るための写真を撮影している人であるようです。

売れやすい写真にはいくつかのポイントがあり、それを認識した上で写真を撮っているかどうかだけでも稼げる可能性は大きく変わってきます。

売れる写真のコツ

売れる写真のコツを以下にまとめましたので稼ぐ参考にしてください。

  • 撮るのが困難なもの
  • 四季を感じるもの
  • ビジネス素材
  • 人物素材(男性よりも女性)
  • WEB素材向けのもの
  • 不特定多数の人には撮れないもの
  • ホワイトスペースがあるもの
  • 低ノイズ
  • 対象物がはっきりとしているもの
  • 歴史的建築物
  • 背景はぼかす
  • 対象物以外の余分なものを写さない
  • メッセージ性の強いもの

売れない写真

売れる写真を撮るには、売れない写真を知ることも大切。以下に売れない写真の理由をまとめたので該当するものがないかチェックしましょう。

  • ノイズがある
  • 画像が歪んでいる
  • 文字がある
  • ピントがあってない
  • 著作権や肖像権NG
  • 商用利用に適さないもの
  • 構図が似てるもの
  • 既に飽和状態の素材
  • 誰でも撮れるもの

以上、自分の写真の腕を棚に上げ、写真販売の副業とはなんなのか、どうやって稼ぐのかをまとめてみました。しっかりと調査して記事にしたので参考になれば幸いです。

なお、下記の参考サイト2つは、楽しく役立つ情報を学ぶことができるので、写真販売をやる人は必ずチェックしておきましょう。

参考サイト